[PR] 占い 裏ちばブログ 後藤真希様、はたちです。
ハロプロ大好きな一サラリーマンの日常を垣間見るブログ
未分類 | 日常 | ヲタっぽい話 | 音楽 | ドラマ | サイト | ニュース斬り | 俺グルメ | 映画 | カジュアルディナーショー | 
プロフィール

リバティ

  • Author:リバティ
  • ハロヲタやってる一サラリーマン、リバティさんの日常を垣間見るブログ。

    リバティさんが運営してるサイトは↓
全記事(数)表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
RSSフィード
裏ちばブログ
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
いくつになったの

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.09.23 Fri
後藤真希様、はたちです。
初日って、あんまり興味がなかったのだよ。ってか、過去に何度か取ろうとしたけど、落選するし、チケ高いしで、ここ最近は自分で取ろうなんて考えてませんでした。

そんな感じのリバティです。こんばんは。

だがしかーし!
某cham○さんが、チケをゲットw
そんなこんなで、大阪行きが早々に決定。

今日の日までの紆余曲折。
新幹線か車か・・・。
他人にとっちゃ大したことじゃないんだろうけど、俺には一大事だったわけで・・・。
なにせ、旅行で青森とか関西とか車を出したことはあるけど、ライブ参戦ではそんな距離を走ったことはない。
しかも去年の仙台日帰りや今年の新潟日帰りを強行したあとのしょっぱい教訓もあり、翌日廃人になってしまうことが予想されたので、泣く泣く新幹線を選択。

ま、思えば、帰りに酒が呑めることを考えると、新幹線の方がいい訳さ。
今になって思うと新幹線で良かった。前日も仕事から帰って夜遅かったし、もし車だったら、早朝には出ないと間に合わないからね。

新幹線を選んで正解でした。

9:53東京発ののぞみで新大阪へ。
いくらのぞみでも大阪まで2時間40分位かかる。
感動したのが、PHSね。
新幹線でも使えたよw

ウィルコムグッジョブやね。

行きはノンアルコールだったわけですが、名古屋を越えた辺りで、さすがに暇を持て余す。酒でも買って仮眠しておけばとちょっと後悔。

新大阪から大阪にでて環状線で福島駅へ。
ってか、蒸し暑いよ。

東京出た時はあんなに涼しかったのに・・・。

会場となるグランキューブ大阪、大阪国際会議場へ徒歩で向かう。場所がイマイチ分からなかったが、近づくにつれ、ヲタさんの熱気が溢れてる会場を発見。

すでに現場到着しているcham○さんと合流する前にグッズ物販コーナーへ。
DVDマガジン+ビジュアルブック+生写真を購入。(給料出るとすぐコレですわw)

間もなくcham○と合流し、同建物内のレストラン(学食風w)に移動。
昼食を摂り、生ビアも注入し、準備万端。開場を待つ。

リハが長引いてるのか、準備が押したのか分からないが、なかなか開場せず。開場してもなかなか席が埋まらない。

ステージは左右対称で、上下にフラットなステージがありその中央に階段がある。両サイドには筒状の柱が2本ずつ配置され、ショートケーキのバースデーケーキを彷彿とするような配色が施されていた。
下のフラットステージには直径にして1m50cmほどのミラーボールが置かれ、相変わらず、ステージに凝っているごっちんライブを予感させた。

開演時刻になっても観客の入場が終わらず、10数分押しでライブがスタートした。以下、セットリストと感想をば。

<ネタバレ注意>








1. エキゾなDISCO

ミラーボールがなぜ置かれていたのか、イントロ部分で明らかになった。思えば、3rdアルバムを出して初となるライブだ。懸念してた「スッピンと涙。」からのマッタリオープニングではなくて安心した。
ただ考えて欲しいのは、ヘッドセットマイク。感度が悪いのは仕方ないのかも知れないが、あえて口パクにしても良かったんじゃないだろうか。音声の悪さでちょっと凹んだ。


2. LIKE A GAME

ファーストライブから歌い続けているライブの定番曲が早くも登場。ライブを重ねるにつれ成長を遂げている後藤さんを感じるのはこの曲だ。
しかし、1年のブランクで、ごっちんライブの雰囲気を忘れかけてた俺にとっては、やはり後半の盛上げ曲として持ってって欲しかった気もしなくもない。


3. シンガポール トランジット

このライブは3rdアルバムを聴き込んでないと参戦が辛いかもしれない。ニワカファンやライブ初参戦の人にとっては辛いセットリストだが、後藤さんの歌に心底惚れこんでいる人には、まさしくタマラナイと思う。


4. 19歳のひとり言

安倍さん同様、しっとりした曲が続く。
ほとんどの人が今までの後藤さんのライブを想像しながらの初日とあって、期待とは裏腹の「聴かせるライブ」の序盤戦だ。


MC 稲葉さん登場

5. 来来「幸福」

このツアーも数をこなせば、この曲から一つの盛り上がりを魅せるであろう。観客がどうノリを作っていくのか今後が楽しみだ。


6. Don't Stop 恋愛中

2000年に出たT&Cボンバーより。
5年前になるんですね。まぁ、当時はもう社会人でしたが、まだ大学を出て1年でしたからね。妙に懐かしかったです。
太シスも好きだったんで、今後もこの曲を楽しみにライブ会場に行きますw

MC
7. 人知れず 胸を奏でる 夜の秋(2番から稲葉さんソロ)

やっぱりつんく♂のバックコーラスは気になるな。最早バックか?ってほど、こっちに迫ってきてるし・・・。


8. もしも終わりがあるのなら

実は、ライブが始まる前に、この曲がリストに入ってくれたらいいなぁと漠然と感じていた。
編曲はR&B調を得意とするAKIRA氏。つんく♂楽曲の中で、AKIRA氏のアレンジは個人的に好き。
そんな訳で、この曲だけでもこのライブに行く価値がある。(俺の中だけw)


9. ステーション
アルバムより


10. LOVE BELIVE IT!

たぶん、この曲はごっちんが歌いたくてリスト入りしてるんだと思う。
今回のリストには、3rdとシングル(C/W含む)以外からの抜擢って他にないからね。そんなことを感じながら聴くと余計に萌(ry


11. 抱いてよPLEASE GO ON!

ついに着火曲登場。
会場のボルテージが一気に上がる。
個人的にもこの曲には思い入れがあって、2年前、この曲の発売記念イベントで4列目中央で聴いたことがあってね。それ以来、この曲は無条件に燃えられるんですわ。


稲葉さん小芝居

12. さよなら「友達にはなりたくないの」

何でクールダウンする曲を持ってくるのよ?もっと汗をかきたいのにw
でも、大人なごっちんを堪能するには、こういう曲だよな。やっぱり。


13. ALL MY LOVE?22世紀?

この曲もAKIRA氏のアレンジ。メロウな感じがごっちんの歌声とよく合っていると思う。
ってか、AKIRA好きなのか?俺ww


14. 愛のバカやろう

何だか腰のフリばっかり見てたな。
いい意味でエロいわw(いい意味って?)


15. ポジティブ元気!

ライブ用の曲だな。
如何せん初日なもんで、客もどうノッていいのか・・・。
といった微妙な感じが初日特有の雰囲気なんだね。


16. 原色GAL 派手にいくべ!

数をこなせば、15.16のコンビネーションは殺人的だな。
いい汗かかせてもらいました。


17. スッピンと涙。

2番途中でごっちんが泣き出した。
きっと色んな思いが交錯したのだと思う。
この曲に対する思い、大好きなライブを1年我慢せざるをえなかった思い、歌えることへの思い・・・・。きっと本人だけにしか分からないことだと思うが、少なくとも会場にいた人たちの胸には何か伝わったんじゃないかと思う。


アンコール
18. うわさのSEXY GUY

生で聴くのが久しぶり。去年の春以来になるのか。
でもアンコールでくるとは思わなかったな。


19. スクランブル

この曲もライブの定番。
なんだかコレを聴かないとライブに来た気がしないわけで。
しかしながら、この時点で「恋愛戦隊シツレンジャー」のセットリスト入りは消滅。ちょっと凹みました。


エンディングでは、ごっちんと観客の「最高!」の掛け合い。


ごっちんのライブには「形」が出来ている。
それは、踊りだったり、歌だったり、様々なパフォーマンスだったり。
ツアー毎に、進化を遂げているのは、ファンの誰の目にも明らか。

常に自分と向き合い、自分と話し合い、自分と戦い、決して妥協しない。そんな強い意志がライブ全体から滲み出ている。

もっと事務所に力があれば、avexの実力派と対等に渡り合っていけると思う。後藤真希はこんなに小さな枠に閉じ込めてちゃいけない気がするのは俺だけだろうか。

娘。至上主義の事務所にあって、他のハロメンは、いかに力があっても二番手、三番手に留めて置く。実力社会の芸能界にあって、閉鎖されつつある社会を独自に形成してしまった気がする。

卒業とは名ばかりの「暖簾分け」状態が、生み出した結果、娘。時代からのファン以外からは取っ付きづらい位置に居る卒業メンバー。

松浦さんの成功は、娘。の系譜を辿らず、一線を画してた点に尽きると思う。彼女のポテンシャルを無限大にも広げていけるのは、ちゃんとした枠を設けなかった点が大きいと思う。

結局、卒業しても「元モーニング娘。」という冠がある以上、モーニング娘。という物差しでしか、ファンも一般も見ない訳で、もし彼女が元々ソロでやってたら、現娘。全員と比較しても、比べ物にならないくらいの実力の持ち主だと思う。

これが世間に認められる場が来るのか、もう来ないのか。
アップフ○ントに居る以上、後藤真希は世間に通用しないんじゃないかと・・・・。

FAみたいにどこか違う事務所に行ってみたらと妄想するほど、俺は後藤さんがこのまま終わって欲しくないと思っている訳で、そんな感じで今日も妄想ブログw


ライブ終了後、予定より早い時間の新幹線に乗り帰京。
ビールと氷結を買い込んで、一人余韻に耽る。

名古屋を越えた辺りで爆睡モード。
いやぁ、新幹線ってホントにいいもんですねぇ。(水野晴男口調)


自宅に帰って、再度「電車男」を観直す。
美咲たん、萌え。




ごっちんモード、一旦リセット完了w


■コメントレス
>コナンさん
無事初日を見届けてきました。
今回は、おそらく良くも悪くも予想を裏切るセットリストかなと。
何やら夜は、青サイリウム祭だったみたいですけど、詳細は存じません。
ま、ごっちんの涙を見れただけで、ボキはもう満足でございます。

ごっちんコン次は熊谷夜です。
1桁台来たんで、堪能させていただきますww

スポンサーサイト

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://chibadeshi.blog8.fc2.com/tb.php/171-d5039205

Top↑

copyright © 2007 裏ちばブログ all rights reserved.
template designed by se-chu.
,
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。