[PR] 占い 裏ちばブログ ?のののためだけに生きて? 1日目
ハロプロ大好きな一サラリーマンの日常を垣間見るブログ
未分類 | 日常 | ヲタっぽい話 | 音楽 | ドラマ | サイト | ニュース斬り | 俺グルメ | 映画 | カジュアルディナーショー | 
プロフィール

リバティ

  • Author:リバティ
  • ハロヲタやってる一サラリーマン、リバティさんの日常を垣間見るブログ。

    リバティさんが運営してるサイトは↓
全記事(数)表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
RSSフィード
裏ちばブログ
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
いくつになったの

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.08.13 Sat
?のののためだけに生きて? 1日目
今日は麺高はしが休みだったので、高田馬場のべんてんに初挑戦してみた。

土曜の午前中ということもあり、明治通りは空いていた。しかし、高田馬場に着くと駐車場がない。あっても満車状態で、しばらく周辺をぐるぐる回り、早稲田通りに車を停め、神田川沿いに歩いていくと、30人ほどの行列。

昔の俺だったら、諦めてたと思う。けど、つけ麺のトリコになってからは、行列もさほど苦ではない。
列に並び待つこと1時間、13時過ぎに店内へ。
ここでも待たされる。と、言うのも、1人1人の注文で茹でるのではなく、何人かの注文がまとまった時点で、一気に茹で上げる。

その間、客を見渡すと、麺高はしで見かけた常連さんの姿が・・・w
きっと、向こうも同じことを思ったに違いない。

麺は普通盛りが350g、中盛が650g、大盛が1kgとの表示。
予習の段階で、中盛でも相当の量とあったので、中盛を注文。客は10数人居たが、中盛を頼んでいたのは、俺を含めて2人だけ。

つわもの気取りであるw

ラーメンドンブリに山盛りのつけ麺。さすがにちょっと多い・・・。(ちょっとか?w)

問題はスープ。勢得にも言えることだが、とにかく甘い。すっぱいつけ汁よりは甘い方が好きだけど、麺を食べていくとどんどん食べづらくなるのが、この甘さ。

俺のつけ麺ランキングは結局変動なし。

自宅に戻り、身支度を整え、いざ中野サンプラザへ。
今回急遽参戦を決めたのも、全て明日の1列目のため。ぶっつけ本番の1列目なんて、過去に経験もなく、万全な体勢で明日を迎えたかった。

2階10列49番。後から3列目の最上手。右側は通路。マッタリ観るにはもってこいの席である。

開演まで周りを見渡してみたのだが、圧倒的にベリヲタ。いい歳した大人が大声で、リサコ?!!だのミヤビ?!!だのライブ前から叫んでる。見るからにタチが悪い。子供や女性客も居るのにその辺の配慮がまったくない。親御さんとかがあの場に居たらきっといたたまれない気持ちになるんじゃなかろうか?

17時を15分ほど回ってライブが始まった。

セットリストは前もって確認済みだったが、やはりベリ寄りのライブという感が拭えなかった。
ここで改めて感じたことは、ベリーズ工房自体に対しては、結構好感を持っている自分が居た。しかしながら取り巻きのいわゆるベリヲタの風体がどうしても気に入らない。

特に理由はないけど、もうちょっと紳士的な応援ってのが出来ないものであろうか?(何をもって紳士的とするかは分からないけど、モラルに欠けているファンが多いように見受けられる)

楽曲は、つんく♂さんの狙いが全面に出ていて、つんく♂ファンの自分も知らず知らずのうちに乗っていける。ただ、ベリーズ工房におけるつんく♂の功罪を見た時に、図らずしも負の部分が多く出てしまっている気がする。
それは、ハロプロから見るベリーズ工房に対してのつんく♂のパワーバランスの結果に他ならないと思う。

リリース間隔、一貫しないコンセプト、イベント打ち等々。

客観的に見ても、もう少し息を抜いて、伸び伸びやってってもいいんじゃないかと。今のままじゃつんく♂主導の暴走機関車のように見えてしまう。出し惜しむとは表現が異なる気がするが、もっとゆったりしてもいいんじゃないかと。

流れが急すぎて、途中から入っていけない緊迫感が今のベリーズ工房界隈に感じる。

CD買ったり、生写真を細々と買ったりするのが精一杯で、とてもじゃないけど現場には行けないと思っちゃってる俺みたいなファンもいることを事務所の上層部も考えてくれるとありがたい。

ライブ後は、マサル氏を呼び出して、焼酎祭り。
〆は大塚ホープ。
トンコツは明日への活力ですw


■超ヒトリゴト
熊井友里奈さんがヤバイ。ビジュアル的に・・・。
モデル、キャンギャルをやっててもおかしくない気がした。
俺、新たなる一歩を踏み出しそう。

そういえば、去年、専属連番だったドミちゃんが、「あの子は美人になるね」と言った言葉を思い出した。アイツの先見の目はさすがだ。
さすが、小学生の頃、単身よみうりランドの福永恵規の握手会に行ってるだけはある。

今の熊井さんを見せてあげたいが、すでにご隠居の身。
a-nationの時にでも報告すっかな。


スポンサーサイト

ヲタっぽい話    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://chibadeshi.blog8.fc2.com/tb.php/119-ab004134

Top↑

copyright © 2007 裏ちばブログ all rights reserved.
template designed by se-chu.
,
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。