[PR] 占い 裏ちばブログ 2003年08月
ハロプロ大好きな一サラリーマンの日常を垣間見るブログ
未分類 | 日常 | ヲタっぽい話 | 音楽 | ドラマ | サイト | ニュース斬り | 俺グルメ | 映画 | カジュアルディナーショー | 
プロフィール

リバティ

  • Author:リバティ
  • ハロヲタやってる一サラリーマン、リバティさんの日常を垣間見るブログ。

    リバティさんが運営してるサイトは↓
全記事(数)表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
RSSフィード
裏ちばブログ
≪2003.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2003.09≫
いくつになったの

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2003/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
「 2003年08月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2003.08.31 Sun
俺・年表
■超暇か超リバティフリークにしか推せないブログ
?俺・年表?

他言無用でお願いします。

1981/9 千葉を捨てた?
それまで暮らしていた、千葉県習志野市高根団地から、赤羽へ上京。自分は今でも千葉スピリットを捨ててはいない!ただし、土気と船橋市藤原だけは千葉と認めたくはない。

1984/5 淡い初恋
丸太の平均台から転落し、左大腿骨骨折。入院先の国立王子病院の看護婦さんに初恋。3ヶ月もの間、周りの年上男女の中で色々吹き込まれ、当然マセた小学生となって俗世間に復帰。学校ではスケベなマセガキとして名を馳せた。

1989/6 (好きだって)言わないでいいのかよ!事件
当時中二だった私は、同じクラスで、かつ生徒会で一緒に役員をやっていたOさんに恋をしていた。今でもその頃の純な自分を思い出す。給食でも班が同じで、私が誰かに恋をしていることは、Oさんも知っていた。告白をしようと思い私は、K間君と彼女の家に向かった。どうも帰っていない様子であきらめて帰る途中、向こうからOさんがやってくる、突然だったのでその場を逃げ出そうとした私をK間君が大きな声で一言。「言わないでいいのかよー!!」その瞬間、Oさんにばれてしまった。しかも最悪な形で・・・。その後、有名な「やや好き」発言で、リバティ浮かれまくる事件が頻発することとなる。

1989/10 空前のソーメンダイエットブーム
そう、あれは、当時想いを寄せていた、同じ生徒会にいたOさんの「ポッチャリしている人が好き」発言で私の壮大なプロジェクトが開始された。当時78kgあった私はポッチャリの上限を上回ってた為、世に言う、ソーメンダイエットを敢行。この作戦は成功をし、たった3ヶ月で、何と13kgも減量できたのだ。周りからは「リバティ(仮名)痩せたら、リバティじゃない!」だの、「そんなに痩せたか?」だのと言われる始末。揚げ句の果てには意中の人に、彼氏ができてフラれるありさま・・・。そのあとリバウンドがあったことは言うまでもない。しょっぺ!

1990/7 生死を彷徨った「プチトマト事件」&岩中名物組体操
私の25年間の人生の中で一番内容の濃い一年間であった。ある意味、人生の分岐点といっても過言ではない。一つ目の事件は、知る人ぞ知る「プチトマト事件」これは給食の時間、遊び心で手に乗せたプチトマトを口に投げ入れたところ、それが上手い感じに喉にナイスイン!窒息状態に陥る、そこで牛乳で飲み込もうとしたところ、これが逆効果。辺りは騒然、顔面紅潮。正直、走馬灯が見えました。そんなお馬鹿な中学三年生だった反面、学校を代表して、地域の意見発表会に参加。作文タイトルは「岩中名物組体操」である。作文とは名ばかりで、一人ラジオドラマの台本と言った方がふさわしい。努力の甲斐あって、入賞。自校の文化祭でも発表。これは恥ずかしかった。他校にもこの不朽の名作を知る人がいて、驚愕したのはこの2年後、高校のクラブ活動内での出来事である。

1991/3 いい失恋の仕方
中学時代、大好きだったOさんから、当時の友人SI藤君を介して手紙をもらう。とっくの昔にふられたのに、一瞬勘違い。中身は確か、「付き合ってる人がいるのに付き合ってないと否定してごめんなさい」といった内容だった。本当にいい人を好きになったものだ。この後、再会を果たすことになるが、彼女が歌ったB’zの「恋心」とマドンナの「Like a prayer」は、今でも鮮明に覚えている。10年近くも前なのにね。

1991/4 高校進学
都立TH高校入学。放送部入部。お昼の放送、学校行事の音響などやった。入部の動機は、当時深夜のラジオなど聴くのが好きで、自分もそんなパーソナリティにあこがれていたからである。空調のない、空気の澱んだ古い校舎の部室が懐かしい。足の踏み場もなかった。自分が3年になった時、新校舎ができ、防音と空調設備が整った部室となった。羨ましくてかなり入り浸った。名古屋に転校したAちゃんは、元気だろうか?凄い可愛かったよね。

1993/4 沖縄旅行&紺碧る?事件
家族で沖縄に旅行。海、空とも真っ青。最高でした。この後、すぐ同じ部活のSさんに失恋。失意のリバティ。まさに天国から地獄へ。 沖縄土産の紺碧をMN葉君やKR橋君に振る舞うも不評。熊野神社の公園すべり台で飲み会を開いた。この頃未成年者にもかかわらず、荒川土手や熊野で飲み語らうことしばしば。中学時代の友人とよくつるんでいたなぁ。

1994/4 予備校K塾入学
高校3年間、まったく勉強しなかった甲斐あって?K塾に進学。ここでもあんまり勉強しなかった。でも日本史だけは燃えた。まー、いい一年間だった。充実していた。池袋の屯ちんによく通った。今思えば現役でTK大学に入っていなくてよかったよね。マジでシャレならんわ。

1995/4 悲願の大学入学
1年間タイムラグを経て、某TK大学入学。波乱含みの4年間の幕明け。

1995/5 実録!これぞ、○ビデオのバイトだ!
今思えば、とても凄まじいバイトだった。よく1年半近く続けたものだ。(つぶれなきゃ大学時代ずっと続けていたに違いない) 時給は当時、北区で定められていた最低時給650円。週3回働いても月にもらうバイト代は5万円ちょい。でも仕事内容はそれ相応であった。夜勤帯は店長はおろか社員はいない、バイト君2人。客がいないときは、ファミコンに興じたり、試験勉強したり、ビデオ見放題、挙げ句の果てはCD借り放題のありさま。赤羽駅そばにできたTSUTAYAのせいで店じまい。 皮肉にも今ではTSUTAYAのヘビーユーザーの私。ちなみに、跡地には、ミニストップが建ち、前を通りすぎるたび、懐かしさを覚える。

1995/9 モーモーさんを求めて
今ではすっかり親友の〇君。その〇君との友情を築いたのは、この合宿と言っても言い過ぎではなかろう。合宿恒例のバーベキューをある山の頂上でやるのでロープウェイに乗った際、その山の中腹に放牧された牛がいて、私と〇君はある考えを思い付いた。翌日のフリータイム、サッカーなどとうていやる気ない私たちは、昨日見た牛の乳しぼりをやりに行こうと意気揚々と出かけた。山の頂上までロープウェイで登り、徒歩で下山。しかしいくら歩いても牛はおろか人影も見当たらない。それでも二人はハイテンション。太陽も傾き夕食に間に合うかも危うい状態。結局くだらない話をしながら友情を深めるハイキングに終わったが、我々二人にとってはいい思い出(?)となった。めでたしめでたし。

1995/9-10 スタジャンvsトレーナー、負けるも・・・
それは、忘れもしない夏合宿での出来事。葵祭に臨むにあたり同学年の連帯と団結を高める目的でスタジャンかトレーナーを作ることになった。(放研伝統) 当然、のちのちも着ることを考え、私は断固スタジャンを推した。しかし同学年の多くは、安いからという安易な考えだけでトレーナーを推す。結局一票差でスタジャン派は破れてしまった。自分だけ特注の為色は違うし、翌年の学祭には誰も着ようとはしないわで、先見性のない同輩には閉口させられた。

1995/10 車両班チーフへの道
普通自動車免許取得。チームオースター、チームインプレッサ、チームリバティの華々しい幕明けである。この後、駐禁、スピード違反などを犯し、免停になったり、学校→土気の幾度のロングラン、鍵の閉じ込め、友情を裏切るか役員をやるか・・・など数多くの事件の現場となる。

1995/11 葵祭前日、とんでもないことが!
そう、それは葵祭を前日に控えた学校帰り、先輩のMっさん、O栗さん、○君、Yマ、U佐美(他はちょっと思い出せません)で、府中のスカイラーク(ガスト?)に行った。そこでなんと愛車のオースター(懐かしい)のライトつけっぱなしでドアロックをしてしまったのです。←一生の不覚・・・。とりあえずエンジンかけっぱだったので、エンストの心配はなかったので、とりあえず食事と家にいる母親にスペアキーを持ってきてもらうことに・・・。しかし、家にスペアキーはなく、結局JAFのご厄介になるハメに。それから私はJAF会員です。きっと疲れていたんだね。免許をお持ちのみなさん、転ばぬ先の杖、JAFには入っておきましょう!

1996/3 春合宿、キョロちゃん自販機、ツボにはまる
いつもアホアホな◎君と友人のJちゃんがビデオを片手に大はしゃぎ。原因は、森永の自動販売機。軽快なテーマソングに我々は大爆笑。

1996/4 花見で潰れたのは、自分の方だった
この時の飲みは、記憶があまりない。当時、大学二年生だった私は、◎君をはじめ数人と、吉祥寺の井の頭公園の陣地取りに駆り出された。主役の桜は散っていて、いわば「葉見」状態である。買い出し班と陣居残り班に分かれ、私と◎君は居残り、サークル員の乾杯用のビール(推定10リットル)を瞬く間に二人で飲み干す。サークル員が到着した頃には泥酔状態・・・。一年生の介抱も出来ず、家の方向が同じのN地君を送ることに・・・。東武東上線に乗り、電車のゆれで気持ち悪さが復活。中板橋の駅で急行待ち合わせ中、私は「N地、もう大丈夫か?俺、ここから帰るから。」と言い残し電車を降りる。電車を見送り滝のような嘔吐。そこで私は現世に舞い戻ることが出来たのである。しょっぺ!!

1996/8 白州、サントリーウイスキー工場の巻
参加メンバー、T村君と私。飲酒運転疑惑。

1996/9 最悪ぅペンション根岸
サークルでの4回の夏合宿の中で「最悪」だった合宿は、我々が2年の時のペンション根岸だ。そりゃ、スーファミも持っていくっちゅうねん!(当時の4年の先輩にはしかられました) 宿は町から離れ、一面は畑だらけ・・・。グラウンドも結構遠くにあったのを記憶している。初日は○君と二人部屋でよかったものの3日目ぐらいからはプレハブに移された(サティアン状態)飯には必ずキャベツが使われていた。あまり思い出したくはない夏合宿である。

1996/9 BOYS BE(実写版?)
気が向いたら更新します。

1996/10 さよなら○ビデオ
最後は本当すごかった。一時間にお客さんが一人とか、店員対抗!ファミスタ大会とか、金八4観賞会とか、バイトしている感覚がまったくなかった。私もサークルの飲みの後、ぐでんぐでん状態でサンビデオ乱入して店の袋を床に敷いて寝たこともあった。店じまいの日、ビデオやCDを形見分けしたことを思い出すと、私たちは犯罪者?これは当HPだけのオフレコということで・・・。

1996/10 葵?冷たい戦争へ(フラッシュバックきっついよぉ)
この時の記憶は実にあいまい、精神的ショックが余りにもつよいからだ。思い起こせば、葵の準備期間から、我々の学年はピリピリしていた。敵味方の区別もあまりつかなかった。(というよりほとんど敵。)アテレコでは、技パチに対しやり直しを強行させ、立て看は当初の3枚から1枚に変更になり、チーフらしいことが出来ず、「いいの?見てるよ!」的なことを言われたりで・・。唯一Boys Be・・・の撮影が心のよりどころであった。装飾班を手伝えば、T村君にプリッとされるし・・・。放研ステージもひとっちゃんの企画が二転三転しちゃうしね。そんなこんなで無事葵祭終了(?) むしろ本当のバトルはここからであった。・・・つづく(?)

1996/10 胃にやさしい、セブンイレブンのおでん
葵祭が終って、我々の本当の戦いが始った。「役員への道」である。毎日毎日夜遅くまでの会議。@集3。23時を回ってからの椿もしくは夢庵。そしてインプレッサは船橋→土気→赤羽コース。家に着く頃には、空も白んでいたことも多い。そんな道すがらよく立ち寄ったのが、セブンイレブン。我々は決まっておでんを食した。たまご・大根・がんも・・・。何度味わったのだろう?あの感覚は、他の誰も味わうことが出来ない苦くてしょっぱい思い出である。しかし今でも語り種になるほどの貴重な思い出でもある。

1997/1 ビル警備バイトはじめました。
さすがにバイトを辞めて2か月を過ぎ、お金も底をついてきたところへ、中学時代からの友人M君(●ンビデオでも一緒にバイトしていた)からビル警備の仕事を紹介してもらった。一回のバイト代がサ●ビデオの倍。おいしいバイトだった。神田・御茶の水・九段をマウンテンバイクが走り抜ける。武道館でライブがある時はきつかった。人込みがすごくて自転車をこぐことができなかったからだ。社員のYさんと夜中、車を飛ばしてラーメンを食べたのはいい思い出だ。その後、後輩のHにもこのバイトを紹介し、今もTK大学の放研の元幹事がこのおいしいバイトをしている。そして親友のE君も・・・。

1997/1 Sのこと好きだから俺会計やるよ。事件勃発
大学2年のクリスマスコンパ終了後、某十条駅でほろ酔い気分で告白をしてしまった。「好きだという気持ち」と「この人の変わりに自分が会計をやるといっていれば・・・」の気持ちが交錯して、「俺…会計やるよ」「Sの事好きだから、俺が会計やる」一気に酔いもさめた。その後それを聞いたT村君の「なんやそれ?公私混同やないか!」というセリフは実に的を得たものであった。今を思えばT村君に言われたくない。

1997/4 焼鳥事件
新歓合宿での珍事。当時好きだった人と2人っきりで買出しに行き、そこで売っていた焼き鳥を多めに購入、そして2人仲良く食す。インプレッサ内はちょっといい雰囲気に・・・。このあとの「(買出し)誰と行きたいんですか?」事件にもつながる。まさに勘違い大王である。

1997/6 LOVE FORTUNEと筑前煮
タイトルだけでお腹いっぱい。第二作目作品。更新は乞うご期待?

1997/9 (買出し)誰と行きたいんですか?夏合宿in岩原
大学4年間の中で、この合宿は結構、面白かった記憶がある。夜中、M枝さんが乱入して、呑まされて他人の部屋の障子に「いかすみ」ったこと、◎君が一年の部屋に隠れたが、M枝さんに簡単に鍵を開けられるも、バレなかったこと、◎君の尊敬するダチョウクラブの竜ちゃんの「ごちそうさまでした、どーも」がウケたこと。毎食、ひとっちゃんの飯に髪の毛が混入していたこと。ほうけんステージの構想が湿っぽくて、外の池を眺めていたひとっちゃん、すべて面白い思い出です。ただ私と◎君の中で流行っていたドンキのラジコンが不発に終わったのは、残念でした。バーべキューは雨で、3年だけはブルーシートの下で肉とか食べていたのもこの時だったよね?焼酎ストレートを呑んだあとの◎君の「ポン酒うまいわ」は実感こもりすぎてました。最終日ひとっちゃんが冗談でボールを私のおなかにぶつけ、マジ切れする一幕もありました。

1997/10 立て看リベンジ?葵祭
3年の葵祭。去年とは異なり、すごく充実していた。去年、立て看チーフで不完全燃焼だった挙げ句、ステージ用のボードにイチローを描き、当時の副幹事と「コンセプトが違う」と衝突。そんなことがあったので、今度こそ、立て看チーフとして汚名挽回したかったのに、この年の番企のひとっちゃんと技パチの陰謀で装飾班。2年連続不完全燃焼。「吠える大捜査網」に全精力を注ぐ結果になった。

1997/10 吠える大捜査網
私が監督した中で最高傑作(?)、第三作目。

1998/3 ブラリ名古屋4人旅
「強硬」とはまさにこの旅のことを指すのではなかろうか?言い出しっぺは〇君、この男のテンションのバイオリズムはいつも我々とは真逆で、春休み入ると間もなく「名古屋行くか?おりぃ!」と言い出した。私は「ふざけんな!」と一喝。しばらくすると、親友のT村君まで「行くぞ。」と言う始末。いやがおうにもテンションは上がる。ついに名古屋に、ひとっちゃん(仮名)を里帰りさせる旅行計画が現実化する運びに。案の定〇君のテンションは下がりきっていた。「マジで?」彼の言葉である。悪天候のなか、チームインプレッサは一路、名古屋へ。味噌煮込みを食べ、ご満悦な私たちは、ひとっちゃん一家のおもてなしを受け、間もなく、下呂へ、途中ガス欠をおそれ、ドライバーのT村君は信号待ちの時、エンジンを止めるが、青になってエンジンをかけようにもかからない。万事休すか?思った瞬間、ギアを見ると、Dになったまま。あれはしょっぱかった。下呂温泉に着いたのが真夜中。仮眠をしようとしたが、テンションが上がり、一睡もできなかった。朝になり、いざ温泉へ。ぬるくて誰も入らなかった。そこで会った具志堅用高似のおっさんが、我々の帰路の話のネタになった。

1998/8 福島旅行?卒業旅行前哨戦?
プライベートな旅の中で一番参加メンバーが多かった旅であった。旅館の夕食では前代未聞のきのこ狩りに遭遇。喜多方ラーメンは旨いと評判の店が休みだった為、湿っぽいラーメンを食べる羽目に・・・。レガシーの方では、カラオケ用のテープを聴きながら、何か異様な空気になってましたね。
後方不注意には気をつけましょう。地図は車の屋根に置き忘れないでね。

1998/9 散々!最後の夏合宿
大学生活最後の夏合宿。最後だけにいい思い出をと期待していた。現地に向かうインプレッサ。私とドミソ君はその高揚する気持ちを押さえ切れなかった。当然、愛車のスピードも上がっていた。しばらく走ると後ろから赤いパトライトが・・・。緊急車両には道をゆずるという道交法を守るも、どうやら犯人は私らしい。そう!スピード違反を犯したのだ。助手席の窓をコンコンと叩く警官。いきなり初日から2万円の罰金でそうとうブルーに。気を取り直し合宿に臨むもテンションが上がらない。途中参加の〇君を向かえにT村君と行ったことだけが、なぜかいい思い出。飲み会では潰れたS藤KZ比古君を部屋に運ぼうとエレベータに乗せようとしたところ、暴れ出し、そのままエレベータに閉じ込められ宿の人に大変迷惑をかけた。湿っぽい合宿だった。

1998/10 壮絶!ひとっちゃん(JIN)との喧嘩
後輩に醜態をさらけ出した出店看板事件。看板のデザインがなかなか決まらず、私が、ひとっちゃんの顔をキャラクタータッチで描こうとしたところ、ひとっちゃんは激怒、「ふざけんみゃ!」そして難航。◎君、ドミソ君は私の案に乗り気であった。説得するも感じ悪さは拭えず、私は年甲斐もなく切れてしまった。ひとっちゃんは「俺が折れればいいんでしょ?」というものの、テンションは最悪。挙句の果てにはドミソ君、◎君もキレる。そしてラーメン屋「椿」に行き、H谷部、O沢に愚痴るが、◎君はひとっちゃんの説教の為居残りに。

1998/10 Destiny?愛ト友情ト?
大学生最後の監督作品。Jちゃんへの出演交渉が不発に終わる。更新は時がくれば・・・。

1998/11 うどんアイスではありません。
4年生、学生最後の学園祭は、放研伝統の出店。から揚げ屋をやりました。想像以上の売れ行きに、営業中も買出しに人を遣わしたりしました。この期間中、◎君は、映画「踊る大捜査線」を観にいくという大胆ぶり。うどんアイスがボツになって彼はトーンダウンしていたようだった。「食えるか、そんなもん!」最終日、後夜祭で泥酔して大ハシャギ。「K長、最後だぞ!もりあがんねえと後悔するぞ!」と怒鳴り散らし、ラテ音ライブで昇天。後輩に白い目で見られるは、隣の出店に突っ込むわ、迷惑かけっぱなしだった。

1998/11 悲願?の・・・。

1998/12 母の死
44歳という若さで、母が亡くなった。さすがにショックだった。親を悪く言う奴は、私は好きになれない。親孝行したい時に親はなしです。大事にしましょう!

1999/3 卒業旅行?三都物語?
海外ではなく、我らの旅行は常に国内。卒業旅行は京都・奈良方面へ。メンツはT村氏、〇氏、ドミソ氏、リバティのいつもの4人。寺や神社巡り。鍋や湯豆腐のグルメ三昧。旅の途中に具合の悪くなった〇君のために買った、お見舞い用のSPEEDのプリントTシャツは今いずこ?卒業式に着てきて欲しかったのだが・・・。京都で食べた湯豆腐を「生で食った方が旨そう」と言った〇君の言葉が風情も趣きも感じようとしない我々の旅を象徴させている。

1999/3 ドミソ君、また春に会いましょう
まさか、親友の鼠巣君。TK大学残留決定。葉加瀬太郎張りのパーマが哀愁を誘っていた。本人はいたって平気面を装っていたが、逆に切なかった。

1999/8 夏の旅’99
T村君、〇君、リバティの3人で東北シリーズ。冷麺食べたい一心で盛岡へ。旨かったが、いかんせん北へ行き過ぎた。岩手・宮城のロングロードツアー、松島は天気が悪かったね。日頃の行いが悪いんで・・・。帰京前日はT村君と〇君で焼酎パーティーに興じるわ、宿でお化けに遭遇するわ、ものすごいことになってたらしい。帰京当日は二人とも全く使い物にならず、ガス欠するしで、面白かったけど最悪って感じでした。「眠いわけじゃないのよ、気持ちが悪いだけなのよ。」と言いながら爆睡していた〇君の言葉は我々の流行語大賞にノミネートされた。

1999/10 映画「秘密」に感動
わけあって、会社を辞め、失意の1ヶ月半を自宅で過ごす。ゲーム&酒飲み三昧。気分転換と広末好きがこうじて、上野までぶらり映画を観にいった。広末のちょっとHな役柄に興奮した。内容もよく感動した。この作品で、私は社会復帰を決意したといっても過言ではない。(いや言いすぎだ。)

1999/12 焼津のつもりが藤枝へ
参加メンバー、◎君(ドンキのスウェット)T村君、リバティ。藤枝在住のU佐美に会い、ウナギを食らう。ハイテンションで持ち上がった企画。

2000/1 恒例の九十九里浜?
この年からついに、E部君、MN葉君と私の3人の固定メンバーでの初日の出ツアーとなる。早く来過ぎて、3人とも「寒い」を連発。

2000/5 加賀100万石ツアー
参加メンバーはドミソ君、T村君、◎君。日本海へ旅行に出かけた。夜中に出発して、現地に着いたのが明け方。ファミレスでの朝食となった。◎君、ドミソ君は、ビールをあおるありさま。最初に行った兼六園は、早朝ということもあり観光者はあまりいなかった。金沢城は改築中であんまり面白くなかった。東尋坊はメチャ混みでした。高所恐怖症のドミソ君と体重オーバーの私は、遠巻きから東尋坊を眺めました。初日にとまった片倉の国民宿舎は箱根ランドみたいな感じで結構良かった。食事が旨かった。次の日はT村君の愛車がちょっと擦ってブルーになっていました。ドミソ君が選んだ宿では、ほたるいかづくしでメンバーがぶーたれるありさま。T村君が酔ってメンバーと間違え、トイレで宿泊者とトラブる一面もありました。

2000/5 モーニング娘。in武道館
ドミソ君と二人でモーニング娘のコンサートに行ってきました。この日は、くしくも市井紗耶香の脱退の前の日(ドミソ君は翌日も行ってました)で、ちょこっとLOVEは声が張り裂けるまで歌いました。

2000/8 親友T村君のケータイ、日本海に消ゆ
今年の夏は、2泊3日で山形・新潟といってきました。気温は高かったけど湿度がないぶん過ごしやすかったです。米沢牛は旨かったね。新潟のうみではケータイを機種変更したばかりのT村君が、短パンにケータイを入れたまま海へダイブ!そーとーブルーになってたね。トマトハイはおいしいんだよ。 ○君は焼酎スイッチ割りのんじゃ、ダメダメ!あと山寺の頂上はとっても見晴らしがよかった。途中でダウンしちゃだめだぞ。

2000/10 銚子、天婦羅の方がよかったかも小旅行。
◎君、T村君の発案で、銚子に鰯を食べに行こうツアー敢行。寝ていた私は無理やり起こされ、T村君の家へ。しかし◎君が来ない。仕方なく一路土気へ。携帯に何度電話するも一向に出ない。愛犬と昭和の森に迷い込んだらしい。結局17時頃出発。言い出しっぺの2人は、「腹が減った。」「マジで行くの?」など言う始末。約2時間かけて銚子到着。T村君の食べていた定食の方がおかずが豊富で、◎君と私はちょっと後悔・・・。

2000/11 山梨「哀ぎゃ?」小旅行
◎君企画山梨旅行ですが、参加メンバーは●君、T村君、ひとっちゃん、リバティ。ドミソ君の不参加というお決まりの事態は招いたものの何とか無事終了。日帰りにしては充実してましたね。メルシャンワインでのワイン試飲&ペットボトル持参で忍野名水へ&山麓園ろばた焼。どれもよかった。T村君の無銭参加&◎君のドライバー拒否と私をプリッとさせる行為はあったが、ひとっちゃんの「でしょ?」が聞けてよかとでした。年内にあと何回こんな企画があるのでしょうか?それにしても山梨好きだよね、みんな。

2000/12 最高のクリスマス?
イブが日曜日ということで、T村君が年賀状のためにプリンターを持ってきてと、私に発注。別段予定もなかったので快諾。夕飯の時間になり、稲毛の1ポンドステーキを食べに行くことになり、車を走らせるも予約でいっぱい。仕方なく浦安に戻り、そこで見つけたステーキハウスでディナーを食べた。なかなかおいしかったが、我々以外はすべてカップル。来年こそはとお互いの心に誓い合った。

2001/1 想い出の九十九里浜/Mi-Ke
初詣のつもりが私の一言で恒例の九十九里初日の出ツアーになり、E部君、MN葉君と私の野郎3人で行ってきました。例年より寒くなかったですが曇っていて御来光を拝めるか微妙な状態。海の家でカニ汁、げそ焼き、ラーメンを食べました。この時点でE部君は「来年も来ようね」って言ってくれました。空が白み始め浜辺に出てみると、雲は残っているもののかなり期待できる状態になってました。海に突っ込む子供達や波乗りする人、空手の稽古をしている団体・・・。いやがおうにもテンションが上がってきました。そして7時ついに例年にないほど綺麗な初日の出を拝むことに成功。感動もつかの間、我々一同は渋滞を避けるため早々と退散。来年も行くと思う。

2001/2 白子鍋に食中り
タカジンさんとの久々の再会で、両国にて鍋を囲む。どうやら白子を生で食べたのが中り、嘔吐。しばらく体調不良の日々が続く。

2001/7 怒涛の北海道
7/19?7/22、三連休を使って、無謀な3泊4日の北海道に行ってきた。19日は最終便で北海道入りしたため、夜、ラーメンを食べるだけにとどまり、20日は函館、21日は富良野&薄野。最終日の22日は身体が動かなかったのと、翌日の会社のことを考え、昼間まで寝ていた。

2001/7?8 日焼け祭
千葉県岩井海岸、神奈川県森戸海岸、千葉県稲毛のプールと日焼け祭。皆勤賞はドミソ君とリバティです。茨城県大洗海岸は失敗でしたがその後に行ったボウリングは楽しかった。

2001/8 鎌倉物語
夏休み終盤、あまりの天気の良さに、ドライブがてら、鎌倉に行くことにした。T村君と2人。行くまでテンションの高かったT村君は徐々にブルーな気分になっていった。過去の思い出に浸っていたようです。鶴岡八幡宮を参拝し、鎌倉の街を探訪。夕方、時間があったので、鎌倉から江ノ島方面に向かった。
海は夕陽を浴び、波は大きく、ボーダー達で賑わっていました。いい情景でした。

2001/10 放送部OB秋合宿
とある飲み会で、みんなで旅行行きたいね、という話をし、実現した企画。1泊2日という過酷で強硬な旅だった。当日A孫子君の馬券購入による遅刻疑惑。MN葉君の空白の2時間、E部君モロダシ祭等、話題に事欠かない楽しい旅でした。行きも帰りも渋滞で、温泉の効能が帳消し状態に。それから1週間腰痛に悩まされるリバティ。でも年中行事にしたいと切に思った。

2001/12 しっぽりしたいX'mas合宿
12/23、24と修善寺へ。参加者はドミソ君、メリ?さん、リバティ。着いてすぐ有馬記念をTVでチェックするドミソ君、メリ?さん。翌日沼津港で、グルメ。

2001/12 8人忘年会
赤羽「ろばた亭こねこ」にて一次会。参加メンバーは、MN葉君、E部君、M井ちゃん、Tかはし君(モンモン)、A孫子君、あやっち、俺。途中、SI藤君(主任)が合流で、総勢8人の飲み会だった。

2002/1 3年連続
年中行事の『九十九里初日の出ツアー』を敢行。参加者はMN葉君、E部君、リバティ。

2002/2 3年ぶり
大学時代の親友Jちゃんに再会。参加者は、メリ?さん、ドミソ君、リバティ。仕事のあったドミソ君に調理を任せる薄情な面々。

2002/2 両国リベンジ
ジン、メリ?、ドミ、リバティで1年ぶりの両国ちゃんこ鍋。

2002/4?5 リフォーム
自宅のリフォーム。ウィークリーマンション住まいの一ヶ月。

2002/5 男4人in水上温泉
ジン、メリ?、ドミ、リバティで水上温泉へ。ジン君が野生の動物の糞を踏み、ウコンの名を襲名。

2002/8 新潟・福島旅行
T村君、メリ?さん、ドミソ君、リバティで新潟&福島旅行。

2002/11 第2回細i呑み
後輩の細i君、Mっつんと親友ドミソ君、リバティの4人で呑む。翌日はおニャン子クラブのイベントに参戦。

2002/12 第2回J鍋
タケ、メリ?、ドミ、Jちゃん、リバティ。〆のラーメンが食えなくなるほどの量の鍋。

2002/12 年々増える参加者
MN葉くん、SI藤くん、E部くん、M井ちゃん、塩ちゃん、TK橋くん、A孫子くん、あやっち、N根さん、リバティの総勢10名で忘年会。

2003/1 九十九里新機軸
初日の出を見に九十九里まで行くが雨で見られず、海の家でドミ、メリ?、俺で新年会という結果に終わった。

2003/2 赤フリ握手会
横浜クイーンズスクエアのイベントから涙を飲んで数ヶ月、ついに握手会イベントに参戦。

2003/3 激化するハロプロ熱
藤本美貴ファーストライブZepp TOKYO、メロン記念日ライブ伊勢原市民文化会館、パルテノン多摩、、Zepp TOKYOへ行った。

2003/4 昇天
松浦亜弥ライブ松戸森のホールで3列目中央。あややの可愛さに失神寸前。後藤真希ライブにも参戦。

2003/5 止まらない
モーニング娘。CONCERTさいたまスーパーアリーナ×2、メロン記念日「チャンス of Love発売記念イベント」(SHIBUYA-AX)、後藤真希ファーストライブ宇都宮市文化会館に参戦。

2003/6 トーンダウン?
後藤真希ファーストライブ東京厚生年金会館参戦。ボーナスでPCを買い替える。

2003/7 俺らの夏のツアー
Hello! Project 2003夏ライブ代々木体育館×2、カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)新曲発売イベントよみうりランドオープンシアターEAST参戦。

2003/8 やりすぎ
斉藤瞳写真集発売記念イベント銀座福家書店、メロン記念日ライブ赤坂BLITZ×2、安倍なつみ新曲イベントよみうりランド オープンシアターEAST、モーニング娘CONCERT富士急コレファフォレスト、後藤真希新曲イベントinよみうりランド オープンシアターEAST参戦。
スポンサーサイト

ヲタっぽい話    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

copyright © 2007 裏ちばブログ all rights reserved.
template designed by se-chu.
,
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。