[PR] 占い 裏ちばブログ カジュアルディナーショー
ハロプロ大好きな一サラリーマンの日常を垣間見るブログ
未分類 | 日常 | ヲタっぽい話 | 音楽 | ドラマ | サイト | ニュース斬り | 俺グルメ | 映画 | カジュアルディナーショー | 
プロフィール

リバティ

  • Author:リバティ
  • ハロヲタやってる一サラリーマン、リバティさんの日常を垣間見るブログ。

    リバティさんが運営してるサイトは↓
全記事(数)表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のトラックバック
RSSフィード
裏ちばブログ
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
いくつになったの

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
「カジュアルディナーショー 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.03.19 Mon
カジュアルディナーショー雑感
何ですか、何なんですかこの寒さは?
リバティです。こんばんは。

実際のレポはもう少々お待ちいただくとして、昨日ディナーショーに行ってきた際に感じたことを書き連ねてみたいと思います。



メロンヲタになったと自覚して、もうかれこれ5年以上になるわけで、今更、新たな発見とかってもうないんだろうなと思っていました。

メロンの4人も出来る子なんで、当然自分らが置かれている立場とか、キャラとか把握しきった確立してしまっている状況。

ただ成長という点では、やはり日々前進していると思います。
そう思わせるのは、トークだったり、新曲だったりするわけです。

大半が20代後半に差し掛かっていて、もう大人なグループですよ。ファンになり始めた当初はこんなに長く活動してくれるとは正直思っていませんでした。申し訳ないけど。


でね、昨日のディナーショーで感じたことは、“勿体無い”ってことなんですよ。80人限定のあの場所で、今まで体感出来なかったことをメロンがやったり観客が見たりしてるだけじゃ、やはり多くの人には伝わりません。

つまり興味のない人に興味を湧かせる努力、これが欠如してます。本当実に勿体無いです。

興味のない人って言ったら大げさなんで、メロンに興味のないハロヲタと言い換えてもいいでしょう。

所詮はハロー全体に興味のあるメロンヲタの心の叫びですが、メロンの魅力にはもっとアンテナを張り巡らせていただければ、こちらとしても非常に心強いです。

いずれライブでもソロコーナーとして登場するかも知れませんね。(洋楽カバーじゃなくて、聞かせる歌を歌うコーナーとして)


斉藤瞳の高音、大谷雅恵の美声、村田めぐみの声の艶、柴田あゆみの声の温かさ。

いやぁ、参った。


歌声そのものに痺れるってことが、最近あんまりなかったんだけどね。昨日はマジで驚いたんですよ。

で、感じたのは“勿体無い”なんですよ。

メロン記念日というと、「激しい」とか「個性的」とか「マニア向け」とか良く聞かれますけど、4人それぞれは至って普通の女の子ですよ。
それが、7年間一緒に活動していく中で、互いに切磋琢磨して自分を磨いて今があるみたいな。

メシはいいからもっと歌を聞かせて!
昨日のディナーショーは本当そう感じました。

ぶっちゃけ、4人とも、ソロとして通用すると思います。
商業的にではなく、実力だけですが・・・・。

特に驚いたのは、やはり斉藤さんかな。
この子は本当凄いですわ。

あんなに高音出せるんだ。

5年応援してきて、この期に及んでこんな感動するとは正直思ってませんでした。この2日間のディナーショーに参加した人は、ラッキーですが、ぜひ各々が感じた感動を言葉で表現して伝えて欲しいと思います。

後は前々から言ってる大谷さんの美声ね。
これもどう表現していいか分からないです。
宇多田ヒカルの「FIRST LOVE」を選曲して歌ったわけですが、背筋がゾッとするぐらい巧いんですよ。

俺は一応、宇多田さんも好きで、アルバム・シングルは大体持ってます。そんな俺が言うんで、ちょっとは納得していただければなと・・・。あまり説得力ないですけど。

ま、宇多田さんは巧さというより、味で勝負するタイプだからその辺も歌唱力とするなら、判定は微妙ですが、歌の巧さを考えると大谷さんのFIRST LOVEは「ヤバイマジで」ランクでした。

村田さんもあんなに歌えるようになったんだと感動しました。言わずと知れたドリヲタの俺ですが、結構難易度の高い「眼鏡越しの空」を選曲した彼女に敬意を表したいです。

柴田さんは、周知の通りです。松たか子の「コイシイヒト」を歌いましたが、本人より巧いです。(松たか子もアルバムとか結構持ってますw)


1人じゃ無理だけど、4人集めとけば何とかなるだろう。
はじまりはそうだったかも知れません。しかし7年経って、それぞれのソロを聴いて思ったのは、今、彼女らの実力をちゃんと理解できる人がそばに居るのか?と言った心配。

メロンのプロデュースでは、すでに最前線を退いた感のあるつんく♂御大。ぜひ、彼による再プロデュースを期待したい。あんたの目に狂いはなかったよ。だからもう一度、好きなようにやってよ。(最近の外注も御大の指示っぽい気もするけど・・・)


とりあえずカジュアルディナーショーをDVD化して欲しいな。
俺にはこれ以上言葉で感動を表現するのは無理だ・・・。


これからも柴田メインのメロン記念日で大いに結構。
でも他の3人のあの力を発揮できる場が少なすぎて、メロンヲタとしては、歯がゆくてなりません。


■俺YESヌードル
<62杯目> 大勝軒 (新中野)
旨いなぁと感じながら味噌ラーメンを食ってたら丼の底にニンニクが・・・。そんな昼飯w


■レポを書こうと思っても
1時を回ってしまったので、とりあえず寝る。
明後日はさゆ公録が













外れたので、レポを書く時間に費やすか・・・。
はぁ。
スポンサーサイト

カジュアルディナーショー    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2007.03.18 Sun
斉藤瞳と愉快な仲間たちカジュアルディナーショーレポ会場はこちらです
今日の日を運命の日と名付けよう。
レポは後ほど。

カジュアルディナーショー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.03.09 Fri
カジュアルディナーショーの座席決定したんですがw
ようやく週末ですね。
明日は出になりそうなリバティです。こんばんは。


3/18の斉藤瞳軍団のCDSの席番号が決まり、メールがきました。
今回はAです。

ここぞという時はいつもこんな感じです。

で、りしゃこ繋がりのあの方にメールを送ったら、何と同じ席の隣とかww

あの方のテンパっていくサマとか泣き顔とか拝めそうですww


いやぁ、メシの時間とか話す相手が居てホッとしてます。


■俺YESヌードル

<55杯目> 三番 (新中野)

確かに一番旨いものにまだ出会えておりません^^;

<56杯目> 椿 (小金井)

大学時代を思い出しますw


■俺ポッシヌード
3/9のロビンちゃん
ロビン・もろりんライン、推せるっ!
納豆好きに悪い奴はいねえよ!!

カジュアルディナーショー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.12.10 Sun
2006年カジュアルディナーショー最終戦
一つ一つ、今年2006年の最終戦を迎えているリバティです。こんばんは。

娘。の第8期オーディションで光井さんが選ばれました。
正直今回のオーディションはそんなに思い入れもありません。ってか、しばらく8人でいいじゃんっていうスタンスだったもので・・・。
候補者についても、全体的に水準以上っていう印象だったんで、俺のハートを揺さぶった辻ちゃん、道重さんのような、赤点娘が端から居なかったこともあり、今日のOAを見ても正直高まる気持ちはさほどなかったです。

それでも放送を見ているうちに、光井って子は受かるかなと漠然とそんなことを考え、発表寸前に友人マサル氏に「光井で」とメールを送り見事的中して、「○○(俺の本名w)、すげええええ!!」のありがたいお言葉を頂戴したことが何気に嬉しかったですね。

そうなんですよ。
自分がどうこうって言うより、プロデューサーのつんく♂氏はこういう子を選ぶんじゃないかなと、どこか冷静な目で今回の動向を見てた感があって、OA中も菅井さんとか夏さんとかつんく♂さんとか見てる方が楽しくってね・・・。合宿っていっても予定調和だし、スタジオライブにしてもそう。湧き上がる気持ちとかなくて冷めてました。

しかしながら、娘。というグループは何が起こるか分かりません。成長っぷりを想像していくだけでも楽しみは尽きません。冷めてるって言った所で、普通の人たちよりはアレな感じなんだろうし・・・。

高橋・藤本・久住・田中をエース核に持っていく過程で4番バッターは必要ではないということなのでしょう。いいんですよ。俺的には。

基本的に後藤さんは抜きにして、1発のある6番、7番、もしくは2番バッターを代々好きになる傾向がある俺としては、今回の選出はまさに「妥当」な線だったんじゃないかと思う訳です。

まぁ、いろんな意見があるでしょう。大事なのは問題意識を持つことだと思うので、いろいろ思いをぶつけ合いましょう。

ぶつからず、早くも意気投合しちゃったお仲間さんも居たりしますが・・・。



ハロモニ。を見終えしばしマッタリしつつ、夕方から向かった先は、広尾のラ・クロシェット。
今年で7回目、通算8回目のCDSとなります。今回は矢口さんと稲葉さん。いずれも斉藤さん、柴田さん目当てで参戦したディナーショーでそのご尊顔を拝見した2人だったので、さほどの興奮はありませんでしたが、一番ディナーショーをやってる2人なので、1度は見ておきたい。

そんな気持ちで今日は向かいました。

結論から申しまして、いいディナーショーでした。そして、“いぶし銀”な稲葉さんに惚れそうな俺。この人の今のアップフロントの位置づけは非常に勿体無い気がしてならないんですが、もっと唄の場で彼女に活躍させるべきなんじゃないかなと思うんですよ。

まぁ、ここで稲葉さんを誉めちぎっても最早あまり説得力がないことも分かってますので、今後も地道に足を運んでその感動を小出しに伝えていくしか方法はないのかも知れませんね。

ってか、ディナーショーは置いといて、今年相当稲葉さんに会えた気がするんですが、裏を返せば、メロンとの興行が多かったということなんでしょうね。

では、今回も長くなりますが、レポを書いてみたいと思います。ポラ目当てだと言わず、まぁ読んでやってください。・・・そんなAM2時。

現場そばの駐車場に到着したのが、開場前10分前位でした。そして現場に到着すると、知り合いのkoujiさんがすでに並んでまして、軽い会釈。ディナーショーにkoujiさんあり。俺の遥か上を行く参戦数です。

受付を済ませ、「サインやるから何か買えコーナー」で、今まで買っていないものを検索・・・。で、目に入ったのがコレ↓




ええ、斉藤さんが目に入ったものでww
って、3年も前のものなんですね。

で、サインがコレ↓


今になって思えば、現場でサインを確認しておくべきでした。
ここに稲葉さんのメッセージが隠されていたとは・・・。

座席は36番、C-4です。


使いまわしでスイマセン。
ってか、ステージから2列目とか。一気にヒートアップしました。

で、ステージには白のクリスマスツリーが電飾されていたりしてGJ!>ラ・クロシェットといった感じでした。・・・ここまでは。

いつものようにファーストドリンクに生を頼もうとしたのですが、カラダが冷え切っていたので、熱燗ではなく赤ワインを注文。

テーブルで真っ先に目にした今回のメニューがコレ↓

に、肉料理・・・。GJ!から奈落の底へ。

まず出された魚のスープ。
毒々しい色をしていて、パンが浮いています。ちょうどオニオングラタンスープのチーズ無しと考えてもらえば想像がつくでしょうか。
テーブルに運ばれる前から分かる生臭さ。

亡くなったお袋の「食べ物を粗末にするな」の言葉も空しく、久々に残しました。周りは飲み干してましたが、尊敬しますね。

下がったテンションで次なる料理が肉。ラ・クロシェットの肉料理は本当期待しない方がいいです。・・・そして今回も・・・。

2杯目の赤ワインで何とか持ちこたえ、デザートへ。こちらもイマイチ微妙な感じで、俺個人、重い空気へ。
そんな空気を変えてくれたのは、隣の席。メシが終わっても一向に来る気配がありません。この時点で、なんちゃって最前列への夢が膨らみます。

間もなく本編が開演。

以下、セットリストです。(ネタバレあり。要注意。)
?聖なる鐘が響く夜
衣装は、矢口さんがサンタを彷彿とさせる赤いドレスに赤いパンプス。稲葉さんが白いドレスに白のファーを首から下げている。2人ともゴージャスなネックレスを着用。
初っ端からすばらしいハモ。

・・・お隣さん、途中参加_| ̄|○
“気持ち最前”が露と消え・・・・。

?MC
矢:みなさん、こんばんは!矢口真里です。ちょっと早いけど、メリークリスマス!
一足早いクリスマスを一緒に過ごしましょう。・・・昼間はイマイチだったけど、ツリーが綺麗に光ってステキですね。
ステキといえば、稲葉さん。見てください、この女王様ルック。
稲:ちょっと待ってよ。女王様って!
矢:あぁ、お姫様。頭に乗ってるのはティアラじゃないですか。
稲:そう。こういうの着けちゃいけない(キャラ)かなと思ってたんですが・・・目指せラブリーということで・・・。
矢:ゴホン、ゴホン。ゴメンナサイ。これ(衣装の羽)が喉に詰まったみたいで・・・。前の方の皆さんも気をつけてくださいね。
稲:そうですよ。この辺は羽かぶり席ということで・・・。
矢:あっちゃんともう4回目のディナーショーですよ。何だかずっとやってる感じがしますが、今年からだから・・・。
稲:そうなんですよね。
矢:最初は強制的にやらされたんですが、こうやってやっていって、もういいかなと。

場内爆笑

稲:何でやねん!
矢:でも、あっちゃんとだとハーモニーとか出来るから・・・。話は変わりますけど、冬といえば何ですか?
稲:う?ん、鍋。鍋じゃね?今はブタしゃぶにハマってるんですよぉ。
矢:わぁ、気が合う。私もブタしゃぶに凝ってて、(店の)温野菜とかいいですよ、安くて。
稲:私の場合、コラーゲンしゃぶしゃぶっていうのかな。それがお気に入り。
矢:だからツルツルとしてるんですね。うらやましいな。ホントね、裕ちゃんとあっちゅんは肌がツルツルなんですよ。怪物みたい。
稲:あぁ、裕ちゃんは怪物だね。

場内爆笑

矢:あとはコタツでお酒呑んだり。ってオッサンですよね?
稲:今、聞いてて、いいなぁって思った私もオッサンか。
矢:コタツで寝ちゃうのって気持ちいいですよね。でも風邪引いちゃうんで、みなさんはやらないように!・・・ではそろそろ、そろそろ・・・。
稲:そろそろ、そろそろ?
矢:ソロコーナー行っちゃいましょう。あっちゅんよろしく?!
稲:では、聞いてください。冬のナンバーから2曲。

?雪のクリスマス(稲葉ソロ)/DREAMS COME TRUE
いやいや、俺、一応ドリヲタじゃないですか。参りましたね。この唄かなり難しいんですけど、そつなくこなす稲葉さん、すげえなと。いきなり2曲目で鳥肌が・・・。
曲が終わっても拍手を忘れる場内。総固まり状態でした。

?MC
稲:冬といって、パッと思い浮かんだのが、この曲なんですが、あんまり歌ったこととかなくて、挑戦してみました。

?丸い太陽(稲葉ソロ/巡回)
ABBA風味ですね。聴くたび思う。ってか、そういうコンセプトで作ったんでしょ?

?MC
稲:もう12月で2006年も終わりですよ。早いよね。振り返ると今年は舞台の年だったなって。
6本やらせていただきましたが、一人の人間が色んな役をやったんですよ。メロン記念日とのガールズナイトに始まり、男役から花魁、アルバイトしたり・・・。

って、役でですよ。まぁ、実際アルバイトもしてましたけど。脱線しちゃうなぁ。ローソンとか喫茶店、電話取るやつとかもやってましたね。・・・皆さんご存知でしょうけど、以前は吉本興業でしたから、厳しかったんですよ。いや、ホンマに。

そんなこともありつつ、ヒロイン役やったり、11月は先月までヒロインだったのに、夏焼、菅谷のお母さん役とか。
徳永に「おばさん」言われてましたからね。最初はあのシーン、普通だったんですよ。でも稽古の時に、ちょっとムッとした表情しちゃって、本番でああいう風になったんです。

舞台のほかには、ディナーショーもそうですし、バスツアーとかもあって、私にとって充実した一年だったなって。来年も続いていければ、っていうかあると信じて、頑張っていきたいと思います。

続いて聞いてもらう曲は冬の唄ではないんですが、12月というとLOVEかなっていうのがあって、選んでみました。

?Magic of LOVE(稲葉ソロ)
ちょっとジャジーでピアノ、ストリングスバージョンといった感じでしょうか。

?MC
矢:いやぁ、セクシーでしたよ。アレンジとかも違ってて。これ、何バージョンなんですか?名前とかあるんですよね?
稲:う?ん、ウィンター!・・・ラブ・・・パッション?
・・・パッションは違うなぁ。
矢:いいじゃないですか、熱そうで。
稲:パッションって情熱っていう意味やで。まぁ、熱いかぁ。
矢:英語ちょっと弱いんで。まぁ日本語もなんですけどぉ。

場内爆笑

矢:前、アフロでしたよね?今の3倍くらいボリュームがあって・・・。(誇張に表現してボケる矢口さん)
稲:そんなにデカくないって!!
矢:いいですね。これ圭ちゃんなら(このボケ)流すからね。うん、そう。とか言って。
稲:そうなんだ。じゃ、そろそろ、そろそろ・・・。

?恋人はサンタクロース(矢口ソロ)/松任谷由実
マジマジと至近距離から凝視する俺。ポニーテールやら目線の配り方とかを見ながら悶え気味。

?MC
矢:今度24歳になるんですが、サンタさんの存在を信じているんです。語らせたら1時間くらいかかると思うんで・・・。

ここでパーカッションの人が、トライアングルを鳴らします。

矢:おぉ、サンタさ?ん、プレステ3が欲しいで?す!!
そういえば、wiiを買ったんですよ。ゲームばっかりで運動不足になっちゃうなって。でも、wiiは結構動くんで。
サンタに欲しいものは?って、みなさんの歳じゃ・・・聞かれないと思いますけど、聞かれたら是非wiiをって、別に宣伝してる訳じゃないですよ・・・。

矢:今年はこうやってディナーショーやらせてもらって、まだまだ勉強しなきゃなって思いました。来年もたくさんディナーショーがやれたらなって、そしてみなさんにまた足を運んでもらえたらなって思っています。

?Winter(矢口ソロ)/ソニン
非常に気持ちが込められていて、熱唱で首辺りが紅潮する矢口さんを見て、悶え気味。

?王子様と雪の夜(矢口ソロ)

?MC
矢:タンポポには冬の曲が多いんで、もう一回聴き直して頂くと幼い矢口が堪能できると思います!
・・・クリスマスソング歌ってるのに汗だくぅ。ちょっと鼻声だったりして。
稲:風邪大変らしいね。お腹にくるらしいね。
矢:みなさんも気をつけてくださいね。さて、最初の頃は戸惑いがあったディナーショーですが、バンドの方々の素晴らしさや場の独特な雰囲気が・・・病み付きになりまして、今日もこうして歌っているわけですけど、ここでバンドメンバーを紹介したいと思います。

矢口さん、ステージの端で紹介し、中央に戻る前に、イナバウアーを披露。

矢:ちょっと悪乗りしちゃいました。バンドのみなさんはあだ名がありまして、キーボードのこの方は、テツヤだからテッちゃん、パーカッションのこの方は、トッスィー、よっすぃの弟子みたいな感じで。で、ギターのこの方は名前が理(オサム)なんで、リーさんって呼んでます。

矢:真里のリは理じゃないんで。たまにバラエティーの楽屋で「真理」って書かれてるとこうやって消してますから!!そういえば、貴子(アツコ)も読めないよね?
稲:絶対読めないでしょ。ってか、貴ってアツって読まないから。
矢:自分で決めたの?
稲:そうそう、自分で決ーめたっ!って、ねえよ!!(ノリツッコミ)
矢:いいなぁ、圭ちゃんならここ流すからね。

?きよしこの夜(アカペラ)
?冬のファンタジー/カズン

?MC
稲:アカペラってめちゃめちゃ緊張する。
矢:昔「21世紀」って、娘。の曲でアカペラやったことがあるんですけど、あの時とはまた違った感じで・・・。
もし“5回目”があったら、違う曲でアカペラバージョンで・・・日本語ちょっとおかしいなぁ。
稲:大丈夫。気持ちは伝わります。
矢:それでは次の曲で最後です。24、25日には一足早いけど、クリスマスのひと時を過ごせたんじゃないかと・・・ゴホンゴホン。
稲:大丈夫ですか?前の方の人。ちゃんと帰ったらうがいとかした方がいいですよ。
矢:そうですよ。あっちゃんのこれ(ファーから出る羽)がねえ・・・。
稲:私の?
矢:次の曲の後はお見送りなんですけど、今回もポーズとかあるの?
稲:サインには書かせてもらったんですけど、「クリスマチュ」でいこうかなと。
矢:あぁ、チュね。圭ちゃんの得意技・・・。って、圭ちゃんが今日3回も出ましたね。何か払わないと・・・。
稲:そうね、何か払わないと・・・。

?いいことある記念の瞬間

これにて本編終了。20時過ぎ。


演者からポーズ指定を食らったのが初めてで正直戸惑いました。場の空気を読めば両手の平を頬に当てて、「クリスマチュ」ポーズを選ぶべきでしょう。

実際、並んでいた人の多くが暗幕の向こうで「クリスマチュ」をやっている状況がありました。

そして、葛藤です。
ここまで来て郷に入りては郷にほにゃららを取るか、俺のイキザマを見せるか・・・悩みに悩みましたが・・・

















結局コレとかww





このあと握手。
俺:今日は楽しかったです。来年、またディナーショーやってください。
矢:ありがとうございます。また遊びに来てください。

俺:今日は楽しかったです。あと、ゲキハロ、名演技でしたね。感動しましたよ。
稲:ありがとうございます。ホント?

ってな具合。

最後に2人から

「よいお年を」とか。








一気に現実に引き戻される俺・・・。


■大河
一年お疲れ様。演者も視聴者も。

カジュアルディナーショー    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

copyright © 2007 裏ちばブログ all rights reserved.
template designed by se-chu.
,
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。